顔の産毛処理で美肌復活

顔の産毛処理で美肌復活

顔の産毛処理で美肌が復活するというよりも、さらに美肌になれるって知っていましたか?いま若い世代から更年期世代の女性まで、顔の産毛処理をすることのメリットを享受している人が増えています。

 

あなたの顔の産毛は自分では毎日見ている顔で慣れているかもしれませんが、意外と周りからも見られているのです。自分では違和感のない顔の産毛は他人からしたら、え!?処理していないの?という素朴な疑問。生活が乱れているのでは?だから美肌じゃないとか?など勝手に悪い方に受け取られてしまいます。

 

実は、鼻の下だけでなく顔全体の産毛をお手入れすることで、たくさんの嬉しい効果も得られます。しかし、お手入れの仕方によっては逆効果になることも。産毛の処理は、正しくお手入れすることがとても重要なのです!

 

では、産毛のお手入れでどんな嬉しい効果があるのでしょうか。産毛が生えていると、顔色がくすんで見えてしまいます。処理すれば、お肌は光を反射しやすくなるので、手穴が目立たなくなる美肌効果があります。顔の上のうすい黒いベールが剥がれると思ったら当然のですよね。

 

毛穴から太い産毛が生えていると、その毛穴の大きさよりも小さくなりません。産毛の脱毛をすると、毛穴自体が小さくなるのです。産毛のないお肌は、ベースメイクがしっかりとお肌に密着するので化粧がくずれにくくなります。

 

また、化粧水などのスキンケアで浸透力がアップし、お肌の手触りも良くなります。産毛を剃るのに慣れていない方は、顔用の電気シェーバーが使いやすいです。また、約2000円〜購入できるのでオススメです。眉毛も整えられるのですよ。

 

注意点としては、産毛を処理した直後は、お肌がとても敏感なため紫外線などによるダメージを受けやすいです。朝に剃るのはNG。メイクしたままは絶対NG。毛穴や傷に雑菌が侵入する可能性があります。産毛が良く見える明るい場所で、鏡を見ながら行いましょう。

 

剃る時、石鹸や洗顔料の使用はNG。これらは洗浄を目的としているので、剃る時に使用すると角質を削りすぎてしまいます。化粧水+クリームもしくは乳液を使用しましょう。生理中や体調不良、肌荒れをしている時はお肌が敏感な状態なので控えましょう。頻度は2、3週間に1回。頻繁に剃るとお肌に必要な角質まで削ってしまいます。剃る時は1方向で往復はNG。上から下に向かって剃りましょう。

 

上記の注意点に気を付けながら正しく自己処理し、産毛のないつるんとした美肌になりましょう!

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛と前髪の関係
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛脱毛のデメリットとは?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛の場所はどこを指す?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です