顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛

顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛

顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛する方法はご存知でしょうか?ぶちぶちと顔の産毛がバネのコイルに絡まって痛いです、途中で切れたり抜けるやつで一気にコロコロするだけで抜けてくれますし、コイルが1本千円ぐらいでお手頃なので売れているそうです。

 

バネのようなコイルに持ち手がついていて、肌の表面(顔の産毛)にコイルを転がして、産毛がそのコイルに絡まって抜いていくという方法です。これはパック剤みたいなので、顔の肌に塗って、顔の産毛も一緒にべりべりとはがすのに似ていますね。

 

つまり一気に顔の産毛を抜くだけなので、一番やってはいけない毛抜きの方法なのです。コイルの場合は、毛だけを絡めるので、細胞がコイルに絡まるわけではありません。脱毛テープのようなものだと、肌表面の細胞まで一緒に取ってしまいます。

 

つまり、肌のバリア機能を思いっきりはがしていることになりますので、顔の産毛に使うのは絶対にやめた方がいいと思います。それでも、脱毛ローラーであればいいのかといえば、そうでもありません。

 

毛を絡めますので、その周囲の細胞はローラーが回るときに引っ張られます。つまり、毛抜きで一本ずつ抜くのではなく、まとめて効率よく毛抜きができるというだけで、強引な方法には変わりありません。でもそれが痛くて気持ちよい、肌の表面の血流が活性化されるなど色々メリットがうたわれていますが、本当でしょうか?

 

ちなみに、お値段は脱毛ローラーはアマゾンなどで1000円〜5000円程度で販売されています。もし鼻下やあごの顔の産毛に使うつもりなら、顔用のローラーを買いましょう。

 

腕や脚用のローラーを購入しても、ひょっとしたら顔の産毛は絡めとってくれない可能性があります。調べてみたところ、2〜3mm程度顔の肌から毛が出ていれば、脱毛ローラーの効果があるとのこと。でも痛そうだし、ちゃんと抜けなかった毛は伸びるだけじゃないですか?

 

それから、それよりも長い毛の場合には、先にハサミでカットしてから使うようにと記載があるとのことでした。実際に使ってみた人のコメントがあったので記載します。「頬の部分は上から下に転がすだけでプチプチ取れて、爽快感があるけれど、顎から顔輪郭あたりはまったく毛が絡まなかった。」「満足のいく脱毛はできませんでした。ローラーをあてた部分の毛のほんの一部しか抜けないし、とても痛くて先に進めませんでした。だから、今は顔剃り専用のシェーバーと、抑毛クリーム、時々毛抜きでしのいでいます。」とのことでした。

 

痛いというのがなんとも嫌ですよね。どうせ痛い思いをするなら永久脱毛や医療脱毛などにお金を払って、後はおしまいということにしたいです。そんな痛い思いをして、残り毛もあって、また産毛も生えてきます。

関連ページ

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛と前髪の関係
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛脱毛のデメリットとは?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛の場所はどこを指す?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛処理で美肌復活
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です