顔の産毛の場所はどこを指す?

顔の産毛の場所はどこを指す?

顔の産毛脱毛をする場合に、顔の産毛とはどこの場所を指すのでしょうか?普通は鼻の下、あご、頬、額、フェイスラインなどですが、エステサロンや美容皮膚科によっては、額、フェイスライン、頬という場所が含まれていないこともあります。

 

自分が脱毛したい顔の場所に基づいて、ウェブサイトで最初から可否を確認していくか、無料カウンセリングの時に、どこの場所なら顔の産毛脱毛をしてくれるのかを確認してみてくださいね。

 

ご存知の通り、顔の産毛脱毛処理をする場所は、エステサロン(半永久脱毛)と、医療脱毛(美容皮膚科などの永久脱毛)です。

 

顔の産毛処理をサロンですると決めた女性は多いのではないでしょうか?週に1回でも顔の産毛を処理していることで、肌への罪悪感から、サロンに決めたという女性も多いかもしれません。でも、サロンでも通うのは1〜2ヶ月に一度ですから、その間は顔の産毛処理は必要になってきます。

 

多くの広告が電車内にもありますし、女性雑誌にも魅力的で安価なエステサロンの顔産毛処理メニューがあります。でも、チェック項目もちゃんとありますので、しっかり下調べをして、後悔しないように、産毛処理サロンを選びましょう。

 

顔の産毛は脚や腕とは少々違います。だからこそ、医療脱毛ではないサロンを選んだのだから、デリケート部分の脱毛ができるサロンなのかも要チェックです。

 

サロンでの脱毛完了までの流れをご紹介します。まずはチェックした脱毛サロンのカウンセリング予約(チェック項目は顔の産毛脱毛ができるかどうか、店舗の数、会社帰りにいける場所かなどです。)をします。

 

カウンセリングを受けて、費用にも納得いった場合に、契約締結、初回の施術日時を予約します。脱毛1回目、約2ヶ月ごとに、毛の成長期をねらって、1回ずつ施術を行います。これを1年〜2年かけて行えばだいたい完了となるようです。

 

ただし脱毛完了までにかかる期間や金額は、お店や脱毛法ごとで異なります。脱毛サロンに向いている人は、肌が弱く、医療脱毛のような強いレーザー照射に耐えられない。

 

リラクゼーションのような別のメニューも同時にしてもらいたい。2年程度かかっても仕方ないと思える人です。肌が強くて短期間でという方は、医療脱毛で、強いレーザー照射を受けて、早くに脱毛を完了することができます。だから、医療脱毛の方は永久脱毛とよび、サロンの方は半永久脱毛といいます。

 

なぜなら、医療脱毛の方は医師免許を持っている人が開業している病院だからです。サロンはプロのエステティシャンが施術をするので、根本的に違います。
だから、照射するのもレーザー(強いほう)、光(弱いほう)と決まっているのです。

関連ページ

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛と前髪の関係
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛脱毛のデメリットとは?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛処理で美肌復活
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です