顔の産毛脱毛のデメリットとは?

顔の産毛脱毛のデメリットとは?

顔の産毛脱毛のデメリットは色々ありますが、顔の産毛脱毛のメリットばかりが強調されて、エステサロンのページには記載されていることもあります。今一度、デメリットを見てみましょう。以下は、顔の産毛脱毛によるデメリットに焦点をあてて調べてみました。

 

まずは、デメリットの最大は痛みが伴うことですよね、一般的にどこを脱毛しても痛みは伴いますが、顔の皮膚はとても薄く、他の部位に比べ特に痛みを感じやすいのです。でも、自分で顔の産毛を毛抜きで抜いても痛いので、慣れている人は大丈夫かもしれませんね。

 

身体の中でも指先になるほど痛みを感じるのと同じです。痛みが苦手な方には少し辛いデメリットと言えますね。次は、自分で毛抜きをしてもリスクのある、毛嚢炎になる可能性があるということです。

 

毛嚢炎は、皮膚に小さな赤いポツポツしたものができる症状です。見た目はニキビと似ていますが、ニキビとは別物です。これは顔のうぶ毛を処理した時の刺激が主な原因となり、脱毛の施術で傷ついてしまった肌の毛穴に雑菌が入り込むことで発症します。顔脱毛の大きなデメリットの1つである毛嚢炎にならないよう、日々清潔に保ちましょう。

 

三つ目は、うぶ毛が「硬毛化」や「多毛化」する可能性があることです。硬毛化(多毛化)は、脱毛した箇所の毛が、脱毛前よりも濃く、太くなってしまう現象。
それだけでなく、この硬毛化(多毛化)によって、脱毛前はほとんど生えていなかったところから毛が生えたりすることもあります。

 

硬毛化に対する補償をしているエステサロンもありますが、補償されたからといって確実に治るわけではありません。詳しくは解明されていませんが、レーザーや光の照射が毛根に刺激を与えてしまうことで、毛の細胞が活性化することが原因ではないかと言われています。

 

硬毛化してしまった毛は、再照射したり、ニードル脱毛したりすることでなくすことができるようですね。最後は、やはり紫外線ダメージを受けやすくなることです。顔脱毛をした後の肌はとてもデリケート。今までうぶ毛で守られていた顔が、脱毛することでむき出しになってしまうので、バリア機能がなくなり紫外線によるダメージを受けやすくなってしまうのです。

 

そんな時に紫外線を浴びすぎてしまうと、熱を帯びて軽い火傷のような状態になってしまうため、要注意ですね。特に、脱毛直後は敏感なので、日中の外出は控えることをおすすめします。

 

このぐらいでしょうか。ただ、メリットの方を見てしまうと、やはり少々のリスクを冒しても顔の産毛脱毛はしたいと思う女性は多いみたいです。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛と前髪の関係
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛の場所はどこを指す?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛処理で美肌復活
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です