顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持

顔の産毛が毎日生えるぐらいになれば、もう産毛とはいえないですよね。もちろん顔の産毛は女性でもNGです。男性よりも、女性ならなおさら、顔の産毛が伸びていたら、清潔感もありませんし、私生活も乱れているように見えてしまいます。ちゃんとした剃り方を知って、会う相手に好印象を与えましょう。

 

もし就職活動している女性がいれば、それはちゃんと処理をして、さっぱりした剃り方の顔で面接に臨んで欲しいと思います。最近はひげが生えている男性を嫌う女性はたくさんいますが、女性でも、ホルモンバランスが崩れて顔の産毛が濃くなっている人がたくさんいます。それは、剃り方には関係ありません。

 

そして、それを毎日自己処理している人が多いのです。顔の産毛が毎日生えてきて、毎日顔剃りをしないと、メイクをしても目立つという女性は、医療脱毛かエステサロンへ行くことをおすすめします。

 

とりあえず、皮膚のたるみ、化膿、ダメージを避けるためには、自己処理の毛抜きだけはやめておきましょう。それ以外であれば、顔専用の電気シェーバーで剃ります。同時に、抑毛効果のあるクリームやローションで毛の生えてくる速度を遅らせてください。

 

それから、お肌が清潔なときに剃ることで、お肌にニキビができたり、バリア機能を壊したり、敏感肌になったりもしません。一度敏感肌やアトピー性皮膚炎になると、慢性的な皮膚炎となって、ずっと治らないこともありますので、気をつけてくださいね。

 

だから、必ず清潔な肌に清潔な電気シェーバーで剃ることにしてください。そして、何度も書きますが、抜くのはNGです。ローラー脱毛や、シール脱毛、パック脱毛など、一度でぱっと脱毛して、痛みも一度きりというのがありますが、それも同じことです。お肌にダメージを与え、メラニン色素が生成される可能性があります。

 

医療脱毛やエステサロンには、時間もコストも交通費もかかりますが、会社と自宅の間にあるサロンか医療機関を見つけてカウンセリングを受け、永久脱毛ができますよ。エステサロンの方は医療行為ではありませんので、永久脱毛とは言わないそうですが、毛根を破壊することには変わりありません。ちょっと時間がかかるだけです。

 

だから、エステサロンのパッケージにはよく「無期限」で何度でも光照射ができるというのがあります。あとは両方の無料カウンセリングを受けて、自分のライフスタイル、空く時間などにあわせてクリニックかエステサロンを選んでください。店舗数が多いのもポイントの一つです。なぜなら、顔以外でも脇や脚、腕などで予約が一杯埋まっていたら、予約が取れないからです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛と前髪の関係
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛脱毛のデメリットとは?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛の場所はどこを指す?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛処理で美肌復活
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です