顔の産毛と前髪の関係

顔の産毛と前髪の関係

顔の産毛を脱毛しようとしている人は額も含めて一緒に脱毛をするとなると、前髪をどうしようか!?と考えてしまいますよね。前髪があって、そのままずっと卸しているなら、あまり顔の産毛の中でも額は関係ないのかなと思いますが、いろんな場面で前髪も含めてアップすることがあるかもしれませんね。その時に、顔の産毛以上に産毛があり、額が狭いとちょっとかわいくないかも知れません。

 

顔の産毛が気になる女性が多いのは、周知の事実ですよね。口周り、あご、もみあげ、頬など光があたるときらきらして、男性に指摘でもされようものなら「いらっ」とする女性もいるのではないでしょうか?わかっているけれど、自己処理でなんとなく対応しているという女性が多いと思います。

 

その中で、おでこの産毛も気になるという女性はいますか?顔の産毛のせいで、おでこがせまくなって、前髪をあげるヘアスタイルができない。着物を着ても、前髪は絶対に下ろさないと、上げるなんてとんでもないという女性はいますか?そういう人でも、色々と顔の産毛脱毛製品は使えるでしょうが、でもひたいと頭の毛の境目をどうやって見分けますか?

 

いきなりパツンと髪に変わっていたらとても変ですよね。だからといって、自然に眉毛の上から髪の毛までの間に自然と流れを作るのは至難の業だと思いませんか?
それこそ、いきなり電動シェーバー剃ってしまえば、境目がわかりやすくなって変ですから、当面は前髪をおろしたままで抑毛効果のあるスキンケアをしてはいかがでしょうか?

 

抑毛効果のあるクリームやローションであれば、ゆるやかに作用がありますので、顔の肌はスキンケア効果があり、つるつるになりますし、自然と不要な毛は細くなっていきます。つまり、いきなりパツンと境目が出来るわけではないために「剃ってるの?」とか恥ずかしい質問を受けることがありません。

 

抑毛クリームやローションでも、脚や腕用もありますので、必ず顔専用のものを使ってくださいね。顔専用でなければ、刺激になるような成分が入っていて、にきびや敏感肌になったりもしますし、すでに敏感肌の人はアトピー性皮膚炎になる可能性もあります。

 

顔はとてもデリケートで、人への第一印象を決める体のパーツですから、大切にしましょう。だから、あまり触らないケアが必要と言われていますよね。
マッサージをして顔のたるみを引き締めましょうなどというのはひと昔前の話で、今では表情筋はいるけれども、むやみやたらと顔をさわるとシワやシミ、たるみの原因になるといわれています。

 

つまり、自分では何もしないのが一番なのです。ひざやひじのように体重を乗せる部分は肌が防御のために少し固くなったりしますよね。あれと同じで顔も何もさわらないのが、一番なのです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛脱毛のデメリットとは?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛の場所はどこを指す?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛処理で美肌復活
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です