産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?

産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?

顔の産毛処理で、正しい剃り方をご存知ですか?男性ならシェービングクリームを使ったりしますが、女性はあまりクリームというのは見たことがありません。でも、本当は顔の産毛を剃る時には、クリームを使って、お肌にあまりダメージを与えない方法の剃り方がいいというのです。

 

では、顔の産毛処理にニベアクリームを使ってもいいのでしょうか?ニベアは高級クリームと成分が同じということで急に脚光を浴びたクリームですが、原料が同じでも、作り方(レシピ)によって、顔の上にのせた時の効果は違ってきますので、ニベアとその高級クリームの効果が同じだと思うのは少々飛躍していると思います。

 

何もないよりはいいそうです。ただ、ニベアクリームは保湿、潤滑、肌の保護という役目のクリームですので、ニベアクリームを塗布して顔の産毛処理をしたら、成分がさらに吸収されるということはないようです。ただ、剃ったところはわかりやすいので、ちょっともったいないかな?というのはありますよね。

 

では顔の産毛剃り(処理)最初に前準備ですが、産毛よくわかるように鏡の見える場所に移動して、約20分間ですので、その間苦痛なくいれる場所を探しましょう。カミソリは顔様の電気シェーバーか、I字カミソリです。T時カミソリは剃り残しが出来やすいので、やめた方がいいそうです。

 

このほかにも、シェービング後に肌を整える化粧水や乳液、タオル、シェービングクリームを肌に伸ばすためのハケを用意しましょう。もしはけがなければ手が伸ばしても大丈夫です。キレイに産毛を剃るために、まずは肌をそりやすい状態に整えます。もちろんメイクは落としてください。お風呂上りの清潔なのが最適と言われていますよね。

 

カミソリは利き手でエンピツをもつようにして使います。動かす際には毛の生えている方向に沿って上から下に向けて動かします。刃の角度は肌と平行に近いくらいが正解です。刃を垂直に当てると肌を傷つけてしまうので要注意です。

 

下から上へと動かすと皮膚がたるんで刃がひっかかりやすくなり、肌を傷つけてしまうのでさけましょう。それから、肝心のクリームですが、剃る前に肌に塗ります。これは剃る部分だけに塗って、カミソリで削っていくと、何度も同じ皮膚を刃が行き来することなく良いです。

 

顔の産毛の剃る順番は、まず額から、髪の生え際までぴっちり揃えてしまうと、かつらにみたいになりますから、少し余裕をもたせたところを剃ってください。次に眉間、これはまゆげをそりおとさないように、あらかじめ眉毛を残す部分を書いておいてもいいかもしれません。

 

シェービングの後は、ぬるま湯で顔を洗い、肌がデリケートになっているので、柔らかいタオルでそっと押さえるようにしてふきます。剃り残した部分があれば、再度シェービングクリームをつけて剃り直しましょう。産毛を剃った後の肌は刺激を受けやすく、乾燥しやすい状態なのでスクラブ洗顔やピーリングは厳禁です。使い慣れた基礎化粧品でしっかりと保湿をしましょう。この時にニベアクリームを使ったらいいと思います。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛と前髪の関係
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛脱毛のデメリットとは?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛の場所はどこを指す?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛処理で美肌復活
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です