顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ

顔の産毛処理はシェーバーよりも脱毛がおすすめ

シェーバーやカミソリ、除毛クリームを使用したムダ毛処理は、自宅で好きなタイミングでできるというメリットがあります。そのため、仕事や育児でなかなか自由な時間が作りにくい人におすすめのムダ毛処理方法になります。

 

ですが、これらの自己処理は、間違った方法を行いやすいうえに、アフターケアが不足しがちです。その結果、肌が赤く腫れてしまったり、乾燥肌や黒ずみへと悪化する可能性もあるので注意が必要です。

 

これを予防するには、美容クリニックやエステサロンで顔の産毛処理をするのがおすすめです。美容クリニックでは、脱毛効果の高いレーザー脱毛を受けることができます。その中でも、アレキサンドライトレーザーで顔の産毛処理を行えば、シミやニキビ跡、そばかすなどを薄くすることも期待できます。

 

脱毛時の痛みが気になるという人は、SSC方式の脱毛マシンを選ぶようにしてみましょう。これは、フラッシュを肌に照射する前に、ムダ毛を抑制する効果のあるジェルを肌に塗っていきます。

 

そのため、肌を刺激せずにムダ毛を脱毛できるのが大きな魅力です。SSC方式の脱毛は、痛みが少ないという他にも、日焼けをしている人でも脱毛しやすいという魅力もあります。

 

 

顔の産毛処理は頻度が多くても手軽な除毛クリーム

顔の産毛処理は、剃って処理すると人によって異なりますが、およそ1週間に1度ぐらいの頻度で行う必要があります。

 

産毛を剃ること自体は、それほど時間がかかることではありませんが、丁寧に化粧を落として、蒸しタオルで毛穴を開き、シェービングクリームを塗ったりと剃る前の準備に手間がかかります。

 

また、剃った後は、シェービングクリームを丁寧に拭き取り、洗顔をしてから、しっかり乳液などを使って保湿ケアをしておかないと、お肌が乾燥してしまいます。
それでも、敏感肌だとお肌がヒリヒリしてしまう事もあり、たとえ1週間に1度の頻度であっても非常に面倒に感じてしまいます。

 

一方で、顔に塗ることができる除毛クリームを使う顔の産毛処理の場合は、毎日朝と晩の2度という頻度で行なう必要がありますが、メイクをする前と、メイクを落とした後にサッと塗るだけでケアが完了するため、頻繁に行なう必要があっても、手間がかからないので、気軽に続けることができます。

 

お肌を綺麗に仕上げる成分が配合されている場合もあるので、美肌ケアを兼ねた顔の産毛処理を行うこともできます。ただし、すぐには顔の産毛が目立たなくなる効果を得られる訳ではないので数ヶ月は塗り続ける必要があります。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

顔の産毛の剃り方で肌のバリア機能を維持
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛が濃い頬で印象ががらりと変わる
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛と前髪の関係
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
産毛処理にニベアクリームを使っても大丈夫?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用ですがすね毛にも使えます。
顔の産毛脱毛のデメリットとは?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛の場所はどこを指す?
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛をバネのようなコイルで脱毛
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です
顔の産毛処理で美肌復活
すね毛が濃い人におすすめなのが顔用クリームのノイスです。ノイスは顔の産毛用です