鼻の下の毛で肌が青い原因と対策

鼻の下の毛で肌が青い原因と対策

女性の鼻の下の毛が生えることで肌が青く見えることがあります。原因としては、毛が太い場合や産毛が多いという方です。定期的に毛を剃るということも対策にはなりますが、青さが肌に残るという場合には、できるだけ深剃りをするか脱毛処理をする必要がでてきます。

 

自分で対処しても鼻の下の毛によって肌が青いという場合には、脱毛サロンなどで脱毛処理をしてもらうといいでしょう。

 

また、メイクなどで隠すという方法も対策につながります。うまくメイクすることで肌が青い状態を目立たなくすることができます。メイクする時間がないという場合には、マスクをつけて外出すれば周囲から気づかれることはありません。自分なりに状況に合わせて対策をしていきましょう。

 

基本的には、メイクよりもきちんと毛を処理することで対策をしたほうが、肌がきれいな状態になるため、自分で処理をするか、専門のスタッフのいるサロンで脱毛処理をしてもらうことが有効な手段といえます。

 

自己処理やサロンでの脱毛後などムダ毛を処理した場合には、その後しっかりと肌ケアをしておく必要があります。保湿を重視して肌ケアを行い、肌の乾燥や肌荒れを防ぎ、きれいな肌の維持をしていきましょう。

 

 

鼻の下の毛を薄くする方法とは

女性は顔のちょっとした毛でも気になるものです。顔の産毛は、生まれもって濃い人もいれば、薄い人もいます。もし、産毛が濃い場合には、適切な処理をする必要も出てくるでしょう。特に気になる部分は鼻の下の毛です。鼻の下の毛は、男性で言うところのひげに当たります。鼻の下の毛が濃いとどこか男性のように感じてしまうかもしれません。

 

そこで、適切な処理をして薄くする必要があります。基本的に鼻の下の毛とはいえ、男性とは違いうぶ毛の可能性がほとんどですので、処理をするのはそれほど大変ではありません。一番簡単なのは、カミソリを利用して剃ることです。剃刀を利用すれば、比較的簡単に処理をすることができます。しかも、男性のように毎日剃刀を使わず数日に一度で十分です。

 

肌が弱い人が、しっかりと顔をタオルなどで温めてから処理をするようにしましょう。できれば、顔を温めた後に美容液など使うとよいです。剃刀の抵抗に負けないような肌になります。

 

次に、糸を使った脱毛法があります。この方法は、タコ糸ぐらいの糸を利用して、鼻のまわりの毛を抜いていきます。剃刀を使うよりは、次に処理をするまでの期間が長いため楽です。一度処理をすれば2週間から3週間は放っておいても問題ありません。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?